イタチ駆除は捕獲が困難のため追い出す方法となります

subpage1

イタチが家の中に住み付くと、走り回って騒音を出すほか、糞尿による悪臭と害虫の発生、壁や屋根などの破壊、食物や生ゴミの漁り散らかし、家畜やペットの食害と、被害が広範囲になるので、見かけたりしたら早急にイタチ駆除する必要があります。

コトバンク情報を厳選して紹介しています。

しかし、イタチは鳥獣保護法によって守られているので、むやみに捕獲や駆除する事が禁止されているので、各自治体の捕獲許可申請や狩猟免許などが必要となるので、自分で行う場合は追い出す方法となりますが、イタチは捕獲期間が定められていて、捕獲期間内で敷地の所有者の許可がある場合は狩猟免許がなくても罠などで捕獲可能になり、捕獲した場合は適切な場所に逃がすようにします。イタチ駆除方法は、忌避剤で追い出す方法となり、忌避剤はイタチの嫌がる臭いを発するので侵入口から離れた場所で使い、徐々に追い出していくと効果があり、スプレーや錠剤、煙霧などの種類があるので、用途に合わせて使用し、忌避剤の他にも木酢液やクレゾール石鹸液などの臭いも嫌がりますので、合わせて使うと効果があります。



忌避剤などでイタチ駆除が成功したら、排泄物や巣の掃除をするのですが、掃除しただけでは多くの雑菌や寄生虫がいるので、空間全体を雑菌消毒します。

また、排泄物などでシミになっている部分は臭いが残るので張り替えなどを行い、破壊されている部分は補修し、侵入口を目の細かい金属製のネットや網などで完全に塞ぎ、イタチが浸入できないようにします。